傘寿祝いの贈り物

傘寿祝いに気を付けるべきしきたりやマナー

傘寿のお祝いは数え年で80歳のご長寿のお祝いのこと。

70歳の古希祝いから10年後の節目となる

ご長寿のお祝いです。


80歳の傘寿祝いは、一生に一度のお祝いなので、

傘寿祝いの宴を準備されたり、贈り物をご用意される場合は

傘寿祝いに気を付けるべき、しきたりやマナーを

知っておきたいですね。


もっとも基本的なことですが、

傘寿祝いは80歳のご長寿のお祝いですが、

”数え年”の80歳のお祝いなので、

満79歳のお誕生日に傘寿祝いをすることがしきたりです。


また、傘寿祝いにちなんだ”色”ですが、

例えば、還暦祝いは赤色にちなんだ贈り物、

古希祝いには紫色にちなんだ贈り物が選ばれますが、


傘寿祝いは古希祝いと同じく紫色にちなんだ

贈り物をプレゼントすることが通例です。


傘寿祝いの贈り物選びにつきましては、

傘寿を迎えられ、お祝いされる方の趣味趣向を

加味しながら選ばれることが良いと思いますが、

具体的なプレゼント選びは、当サイトでもお手伝い

しています。






傘寿祝いに喜ばれる贈り物を選ぶポイント

祖母への傘寿祝いの贈り物には紫色のちゃんちゃんこ








傘寿お祝いの贈り物で父と母に喜ばれました のトップへ
posted by 傘寿のお祝い贈り物 at 17:26 | 傘寿祝いのしきたり

傘寿祝いの贈り物

傘寿祝いとは、傘寿の言葉の由来

傘寿(さんじゅ)祝いとは、ご長寿のお祝い事の一つですが、

傘寿という言葉自体、頻繁に使うこともありませんので、

初めて傘寿祝いをお考えになる方にとっては

なじみのない言葉だと思います。


あなたのお父さん、お母さんがご長寿で、

傘寿を迎えられるなら、傘寿の言葉の由来を

知っておきたいところです。



傘寿祝いとは、数あるご長寿のお祝いの中でも

数え年で80歳を迎えられるご長寿のお祝いにあたります。



でもなぜ、80歳が”傘寿”なのでしょうか?



傘寿(さんじゅ)の言葉の由来としては、

「傘」の略字が、”八”と”十”の重なりに見えるところから、

80歳のご長寿のお祝いを傘寿祝いとしています。



当サイトでは、おめでたいご長寿のお祝いとして

傘寿祝いのマナーやしきたり、

喜ばれる贈り物や、避けた方が良い贈り物、

傘寿祝いのプレゼントやご祝儀の金額相場などについて

ご紹介しています。






傘寿祝いに気を付けるべきしきたりやマナー

傘寿祝いに避けたい贈り物には気を付けましょう

傘寿祝いのご祝儀の金額相場を教えて欲しい








傘寿お祝いの贈り物で父と母を感動させたい のトップへ
posted by 傘寿のお祝い贈り物 at 09:25 | 傘寿祝いとは
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。